がっかりしてしまいました

40歳以降のお肌のしわケアについて、良い方法がみつからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

適当な潤いを肌に与えないと、しわができる原因になります。

クレンジング後にコットンに化粧水を含み込ませて、パッティングする方法も良いのですが、一生懸命にパッティングしすぎたら、逆に、しわが増える原因ともなるのです。

適当な量のライスフォースの化粧水をコットンに含み込ませて、軽くパッティングする方法がおすすめです。

入社三年目位までは若いというだけで食事に誘われていたものですが、アラサーってダメですよね。

朝、洗顔して鏡を見てがっかりしてしまいました。

その週はしっかり寝ていたはずなのにクマがすごくて、徹夜ですかと聞かれそうなくらいでした。

ショックでしたけど、同時になんだか納得しましたね。

疲れを翌日に持ち越すのはしかたないけど、ずっと持ち越していたら老けてしまうんです。

ライスフォースでしっかりケアして、栄養を届けてあげて本当の意味で良い顔になれるよう気をつけようと決心しました。

時間を巻き戻すのに比べたら現実的ですから。

お肌にシワができる環境要因として必ず上位に挙げられるのは「乾燥」です。

乾燥すると皮膚が薄く弱くなり、皮膚の常在菌のバランスが崩れて回復に時間がかかってしまい、その間に老化が進みます。

自分でできる乾燥対策として、スキを作らないよう普段から潤いを補う(失わないようにする)のがポイントです。

最近では通年、スプレータイプの化粧水が売られているので、そういったものを使ってマメにお肌に水分補給し、湿度が高い夏は汗で気づきませんが、紫外線で肌の表面が乾燥しているので清潔を心がけ、丁寧に保湿ケアしてあげると良いでしょう。

顔のシミをコンシーラーでごまかそうとして、かえって、シミが際立ってしまったこともあるでしょう。

実際、ファンデの選び方として、元々の肌色よりも少し明るめをチョイスする女性が少なくありませんが、コンシーラーを買う時、肌より白っぽい色だとシミがなおさら際立つことになります。

コンシーラーでシミを隠したいなら、肌よりもやや暗めのカラーを選択することが要点です。

肌にできてしまったシミ、嫌なものですよね。

いつものお肌のお手入れとして私は、たっぷりとライスフォースの美容液を使用しているんです。

洗顔後、素肌に最初にしっかり浸透させてから、他のライスフォースのスキンケア用品を使います。

ライスフォースの美容液を使い始めてから、それまであった肌のくすみがなくなり、透明感がアップして、頑固なシミも徐々に消えてきました。

季節の変化とともに皺は増えていきますが、肌の調子が悪いなと思ったら、潤いが持続するパックをすると良いでしょう。

表面の代謝も高まるので美容効果も高いですし、家にあるものを利用すると簡単です。

たとえば、無糖ヨーグルトの上澄み液とハチミツを混ぜます。

仕上がりはユルめで、それを顔の上にぺたぺたと塗っていくだけです。

石鹸や洗顔料を使わずに水かぬるま湯ですすぎます。

天然の保湿成分と有用菌によるダブル効果でガンコな部分乾燥や混合肌の悩みを解決し、シワ・くすみに集中的に働きます。

パックだけだと使い切らないので、賞味期限内に食べてしまってくださいね。

お肌のシミ防止には、体の内部からの手入れも大きな意味をもちます。

美白効果に大きな働きをみせるというビタミンCはレモンやパセリ、ブロッコリーなどにいっぱい入っています。

一方、乾燥で肌がカサカサになってくるとシミ発生の引き金にもなりかねないので、肌に潤いを与えるためにコラーゲンがいっぱい入っている、鶏皮、牛スジ、豚骨、うなぎなどを食べると、お肌がプルプルになります。

もちろん、ライスフォースを使ってみたり、シミ対策のみを考慮した食生活を送るだけではなく、幅広く栄養をとっていくことも大事です。